「複数の作業をいっしょにやりすぎてたのかも」 は英語で

My mutitasking may have gone overboard.

 http://tts.imtranslator.net/T7Yu

 

前に匠さんというブロガーが、「急ぐ」と「忙しい」の話をされてたが、最近、時間のなさを痛感していて、「急いで」ことをなすことに遺憾を感じている。「こらあかんなあ」と思いながらも、つい次にやらないといけないことに気をとられ、目前の作業がおろそかになる。

 

前回書いた「汚い車のアーティスト」も portray (描く) を portlay とかいてあったり、最後のほうの段落に訳をつけるのを忘れていたり、さっき訂正していて、うわのそらで書いてるなあ、とつくづく思った。

 

私は英文のブログもやっていてこれに四苦八苦している。掃除、洗濯、炊事は毎日私を追いかけてくる。東洋食品店のパートもあるし、ときどき翻訳も入ってくればやる。個人的に英訳してみたい本、和訳してみたい本もある。頭の中でいろんな回路がパチパチと火花を飛ばして焼き切れそうに感じる日がだんだん多くなってきた。

 

前回書いた、「エネルギーを奪うもの」に電子機器や、ほこりや、やりかけのクラフトがあったが、「これ、なんとかしやなあかんなあ」と、最近つくづく思う。

 

コンピューターとかスマホ(私は持ってない)とかは、いったんつけると目を離すのがなかなか難しい。

 

私もブログを書いたり読んだりしながら、別のことをコンピュータで勉強していて、今日こそはたまってる洗濯をしよう、埃だらけの床を掃除しよう、キャベツがいたんでしまう前にロール・キャベツを作ろうとか思いつつ、気がつけば日暮れ、一日コンピューターの前に座っていた、ということが多い。 これは中毒症状だ。

 

東洋食品店のボスに頼まれた絵も描こうと思いつつ、1か月が過ぎてしまった。

 

古くなった服を縫い合わせ、下着や靴下やはぎれを詰めて、隙間風をふさぐ棒というかヘビを作ろう、と思いつつ何年もぼろぎれを箱につめておいてある。ブランケットも作りかけ。

 

今年の目標の一つに、「思い立ったことをすぐやる」というのがあったが、どうしてもコンピューターの前に座っていると、それができない。

 

というわけで、しばらくブログはお休みして、コンピューターを消し、やりかけのプロジェクトを片付けてしまおうと思う。

 

何か月かかるか分からないが、春の大掃除である。ガレージにためたごみを片付け、地下室にほうり込んだ無用品を整理してしまい、絵を描き上げる、勉強を終わらせる。

 

とりあえず今日はコンピューターを使わず(エラー・チェックをしていた)、台所の戸棚の奥に潜んでいた賞味期限切れのフィッシュ・ソースや赤酢のビンを取り出し、中身を庭の雑草にぶちまいていた。果物の木のまわりにゾワゾワとはえてきた芝生を抜き取り、洗濯、掃除機かけ、風呂場のタイルを2時間、一心にみがいた。心の中もすっきりと掃除できたような気がする。

 

皆さんの多くは仕事をこなしながら、毎日のようにブログを書いてらっしゃって、本当に頭が下がる。文豪と呼ぶべき才能のかたも沢山いらっしゃり、とても教訓になった。出版された本だけでしかそういう人に触れることがなかった昔を思えば、視野がずいぶん広がったものだ。皆さんのガッツと文才にエールを送りたい。