「ぼくが同窓会の話をしてるあいだ、彼は感慨深いげだった」 は英語で

While I as talking about the class reunion, he was reflective. 

http://tts.imtranslator.net/T36D

 

と主人が今晩、言っていた。

昼過ぎには帰ってくる、と言ってたが、何時間過ぎても仕事から戻らないと思ったら、大学の同窓会のお知らせメールを見て、土木をいっしょに勉強した旧友に電話していたそうだ。

 

そのうちの一人に

Vaughn

http://tts.imtranslator.net/T36I

という昔のル-ムメートがいた。あまり聞かない名前の人なのでよく憶えているが、私たちの結婚式にも来てくれ、当時は貧しい学生だった彼が、自分の使っていた耐熱食器に、おばあさんからゆずりうけた銀のフォークやナイフを入れてプレゼントしてくれたのを今も使っている。

 

大学を失業してからは、ワールド・トレード・センターの事務所でプロジェクトの管理をしていたが、あるときパニックに襲われて、自分の仕事がなくなり、経済も低迷していくんではないか、と仕事が手につかなくなり、辞めてしまったそうだ。それから1ヶ月後、飛行機がビルに激突して本当にあの仕事はなくなってしまい、経済もGreat Ressession に入ってくずれてしまった。

 

彼は今も思うような仕事が見つからず苦労しているが、陽気だった大学時代、きらびやかな仕事、悪夢のような時代を過ぎ、25年たって感慨もひとしきり、といった語調(だったそうだ)。

 

私といっしょにイラストを勉強していた人たちは今どうしているんだろう。もしかしたら、心臓発作やガンで死んだ人もいるかもしれない。きっとあの子はイラストレーターに成り遂げただろうなあ。あの人は銀行員でもしてるんじゃないか。ニューヨークのアート・スタジオでなく、ふつうの家庭で、お母さんになって子供たちを大事に育ててるかもしれない。

 

The arrow is flown, and the moments are gone...

光陰矢のごとし...

http://tts.imtranslator.net/T36r