「思い出は英語で

Memory Lane

http://translate.google.com/#auto/ja/Memory%20Lane

 

「思い出通り」は思い出をなつかしい通り道のように例えてある。

 

 

 

日曜日は前の日にぐっすり寝てたので、あまり疲れてなかった。やや欠け月

床についたものの、ぜんぜん眠くならない。 目

寝返りうってるうちに、近所のネコのことを思い出した。

 

 

バージニア州に住んでたころ、

2軒さきのおうちには、うちの息子と同い年の一人っ子がいて、ある日、子ネコを2匹もらってきた。

 

姉妹で、1匹は用心深くて、そばに寄ってこなかったが、もう1匹は人見知りせず、娘が猫のぬいぐるみを地面に置くと、顔をすり寄せてた。

妹だと思ったんだろうか。にゃー

 

 

2匹は放し飼いで、日中好きなところをうろうろ。

 

人なつこい Zoe はよくうちの裏庭のポーチにやってきた。ネコ

そこは北側だったが、広かったので、1日じゅう陽が当たってる部分の木板は冬でもぽかぽか暖かかった。

 

 

以前住んでた人は、ポーチに木でテーブルを作って、そこにパラソルを立ててたが、私は物干しを置いて、毎日洗濯ものを干しにポーチに出た。

 

 

私が出てくると、屋根の上からストーンと降りてきたりして、Zoe が足にすり寄ってくる。

 

ネコ毛をズボンにつけられるのは嫌だったが、

せっかく「おはよう」と言ってくれてるから、首の白い毛のあたりをかいてやると、

コロンと横になって、ゴロゴロのどを鳴らす。

 

困ったなあ、忙しんだけどなあ、と思いながらも、

気持ちよさそうにしてるので、5分くらい首をかいて、

「ほいじゃね、またね、ゾーイ」と皿洗いに家へ戻る。

 

次の洗濯物を持って出ると、ひょいとまたゾ-イが出現する、という毎日だった。

 

 

ゾーイは狩猟がうまかった。

モグラを捕まえては、よく玄関先に置いていった。

 

友だちに言わせると、「それは愛情の表現」。ラブラブ

自分で食べないで、私たちに分けてくれたのだ。

 

娘は、「ゾーイが気を悪くしないように」 ティッシュで死体をくるんで、裏庭の土の中に隠した。

うちはモグラを食べねばならないほど、困っていなかった。

 

 

ある時は、ウサギの子を捕まえたのを、娘が見つけ、しかって取りあげてしまい、ウサギ

ゾーイの飼い主の奥さんに見せに行った。

奥さんはタオルにくるんでくれ、

娘はしばらく、心臓発作でもおこしたかのようなウサギの子にやさしく話しかけていたが、

庭にタオルごとおいといたら、しばらくして我に返り、とんで逃げていった。

 

家庭菜園をする人間は、ウサちゃんにいてもらっては困るから、

ゾーイはいいことをしてくれたんだが。

 

 

何年かすると、一人っ子は、エスキモー犬みたいのを飼い始めた。わんわん

ゾーイはもはや餌を食べに帰る以外は、自宅に寄り付かなくなった。

 

 

冬、雪が降っても、どういうわけか、自宅のコタツ (そんなものはないが) で丸くならず、外を探検している。白と茶と黒のしましまに、白いソックスのゾーイは、クーガーみたいに、どことなく孤高な雰囲気があった。

 

 

あるしんしんと寒い日、雪をかぶったポーチでゾーイがまる~くなって座っていた。雪の結晶くもり

「あんた、寒いんちゃう?うち来る?」と聞いて、ドアを開けると、中に入ってきた。

 

ゾーイはしばらくウロウロ歩いていたが、みゃーみゃー泣き出したので、

狭い、暗いところは嫌なのかな、と思い、ドアを開けると、スタスタと出ていってしまった。

 

 

 

私たちが引っ越すことになり、家を売った夫婦は、大きな犬を飼っていた。

 

はじめて、茶色のラブラドルが、ポーチにやってきた日、しっぽフリフリ

ゾーイは屋根に飛び上がって、犬を見おろしてフーッと毛を逆立てていたが、ネコ

いかんせん、小さなネコは吠えまくる狩猟犬の前には物のかずではない。

 

かわいそうに、と思ったが、もう私たちの家ではない。

うまく別の縄張りが見つかるといいなあ、と思いつつ、トラックを出した。

 

 

 

数年して、友だちに会いにいったとき、おとなりさんに聞いてみたら、

ゾーイはどこかへ行ってしまって、帰ってこなかったそうだ。

誰も彼女の行方は知らなかった。

 

人なつこい彼女のこと、やさしい Host Family が見つかったのかなあ、

それとも神様のおうちの裏庭で、ひなたぼっこをしてるのかなあ。

 

 

 

思い出をダラダラ話したあと、相手が退屈そうにしてるのを見て

I'm sorry dragging you down my memory lane.

http://tts.imtranslator.net/RRo3

と謝ることがある。

 

行きたくもない思い出通りを、ズルズルひきずられてる人の様子が目に浮かぶ。

 

 

Or did you enjoy walking down the memory lane with me?

http://tts.imtranslator.net/RRo4

それともお楽しみいただけましたか?

 

 

クリック、よろしく 左下矢印