「衣替え」を英語で言うと?

はじめて投稿します。

カンザス在住の主婦です。身の回りで聞いた英語のフレーズをちょっとづつ、メモっていきますね。

 

1か月くらいずっと猛暑と干ばつでしたが、おとつい、待ちに待った雨。土砂降り!

It rained cats and dogs というやつ。なんでネコや犬が降るのか、よく分からないけど、このコンビは相性が悪くてけんかになりがちなので、「ウギャー」「ワンワン」と、けたたましい様子が土砂降りなのかも。

 

今日もにわか雨があって、ぐっと涼しくなりました。そろそろ長袖を出しとこうか、と思います。

 

「衣替え」って英語でどう言うんだろう。

Changing wardrobe

Reorganizing wardrobe from summer to winter かなあ。

 

みんな walk-in closet とかでっかい収納スペースがあるから、いるものだけ箱から出して、あとはしまうなんてことは、やらないみたい。

 

わが家は新築に住んだことがないので、クローゼットは小さい。私の服は春と秋に衣替え。今まで頻繁に引越があったので、今も段ボール箱を使いっぱなし。箱を開けて長そでの服を出すとき、「ああ、こんなのあったのか」と半年ご無沙汰していた服が新鮮に映る。

 

それからTシャツやショーツをきれいにたたんで、1枚1枚、空き箱に入れていく。さっとたたむ方法はあるけど、そのやり方だと、持ち上げた時、袖がパラリとくずれたりするので、結局、右側を折り、左を折り、半分の長さにたたんで...けっこう時間がかかる。

http://www.youtube.com/watch?v=mMZDoxCU-rM

 

ふと、も少し検索してみたら、ちょっと違うやり方が見つかった。

http://www.youtube.com/watch?v=k_w8ROg8XFM

これだと崩れないけど、折り線がシャツのど真ん中に。

 

結局、右折って、左折って...「この服、今年も1回も手を通さずしまいだったなー」と申し訳ない気持ちになる服がいつも出てくる。そういうのは、まだきれいならSecond-hand store (古物屋)に寄付。

 

Second-hand store には、古着だけでなく、食器、電気機器、家具、本、ビデオ、といろんな物が2ドルとか10セントとかで売ってる。もとが寄付だから、あとは店の維持費だけまかなえばいい。主人が貧乏学生だった頃、服とかコップとか、いろんなものを安く買えて、本当に助かった。

 

日本にもこういう店があればいいんだけど。要らないものをゴミに出すより、環境にもいいし、予算の少ない人の助けになる。でも日本人って、きれい好きだし、古着を買うような貧乏人に見られたくないっていうプライドもあるか、と思う。

 

クローゼットのハンガーに秋、冬物がズラリと並ぶと、「ああ、また半年過ぎた」と時の流れを感じる。そろそろ、私は何をやってきたんだろうと、ふと1年を思い返す。秋は私にとってそういう季節だ。